1年目の確定申告への備え

私が初めての確定申告に向けて行ってきた準備について、まとめておきたいと思います。

領収書を貰うようにする
金額の小さな買い物でも、事業と関係するもの、または、事務所となる部屋の設備に関係する購入の場合には、領収書を貰うように心がけました。

私は屋号を持っていないし持つ必要性も無いかなと思っているので、請求の宛名は、個人のフルネームで貰っています。財布から、免許証の自分の名前だけ見えるようにして、サッと見せて書いてもらう感じです。

一応、領収書は支払の裏付けを取るために必要なものなので、原則必要ですが、無くても申請には差し支え無いようです。まあ、しっかり取っておく事がもしもの時に安心ですね。


月ごとにまとめる用紙を用意して、領収書を貼り付けて整理
領収書の管理を綺麗にする為に、月ごとにA3サイズの用紙に領収書を貼り付けるようにしています。この時、カードで支払ったガソリンのレシートも念のため貼り付けています。

他にも、レンタルサーバー料金やドメイン使用料金はカードで、領収書が無いので、ネットで確認できる月々の請求明細も一緒に貼り付けています。
(この方法は、税務課でアドバイスを貰い実行しているものです)


Excelで経費管理帳を作り利用日と金額、支払い区分を行う
確定申告1年目という事もあり、とりあえず事業に関する経費が把握できれば良かったので、関係する支払を勘定科目ごとに仕訳して、日付、項目、金額、事業割合などを書き込むようにしてみました。

カードの支払の場合は、請求が確定した段階。現金の支払の場合はすぐに書くなど、複式簿記もこんな感じなのかなと意識しながら作業してきたのですが、この作業が慣れるまで地味にダルいな〜と感じたものです。

でも、この作業のお陰で、関係する経費がどの科目に入るのかはある程度把握する事ができるようになりました。その為にも、1冊くらいは”勘定科目と仕訳の事典”は持っておいて良いと思います。

私は、こちらを使用しています。

私の場合は、インターネット関連の費用の他にも、取材目的で車を使用したりするので、この辺りの事業に関わりある事をまずは洗い出して、それから、こちらの本で調べながら照らし合わせるようにしました。

ですが、実際の確定申告の時には、幾つかの項目を税務課の方がまとめてくれたので、これからはそれをスタンダードとして使用していこうと思います。
(一度項目を決めると、基本的に変更は出来ないようです)

具体的にどの勘定科目にしているかは、こちらに掲載しておきました。
(あくまでもご参考までに)